おすすめ商品紹介サイト

様々な商品を紹介する

研究者が開発した化粧品

普段何気なく使用している化粧品の開発の裏には、研究者が日夜、試行錯誤の末に特定の成分の美容効果を発見し、開発までに至ったというプロセスがあったりします。

例えば、ヤクルトの化粧品は、ヤクルトの創始者・代田博士により乳酸菌が作り出す成分に皮膚や粘膜を保護する働きを見出し、それを化粧品に応用したことが誕生のきっかけです。

もちろん、現在は、初期のモノよりもはるかに進化しています。例えば、人気の「リベシィシリーズ」は、乳酸菌由来の3つの保湿成分(乳酸菌発酵エキス・ミルク、乳酸菌発酵エキス・アロエ、高分子ヒアルロン酸)がバランス良い比率で配合されているので、うるおいが長時間キープできるのです。また、植物エキスが様々な肌の悩みにアプローチします。

リベシィシリーズにつきましては、ヤクルトリベシィの乳酸菌うるおいを激安でお試しのサイトで、詳しくレポートしてみましたので、興味ある方はぜひのぞいてみてください。

一方で、皮膚科医により開発された化粧品もございます。六本木の東京ミッドタウン内に構える皮膚科の院長・ドクター今泉は、医者としてだけでなく研究者としても「ペプチド」の研究に勤しんで参りました。そして、ハリに必要な7種類のペプチドを厳選し、エイジングケア化粧品として開発に成功したのが「MUNOAGE」です。

7種類のペプチドが肌の再生をしっかりサポートすることで、ハリのある肌をつくることができるのです。MUNOAGEにつきましては、MUNOAGEをお得に体験できるトライアルキットのサイトに詳しくまとめてみましたので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

ライブチャット動画