おすすめ商品紹介サイト

様々な商品を紹介する

傷跡を残さない包茎手術の「コムロ美容外科」

 包茎の手術をお考えの男性の方は、陰茎部に傷跡を残さないクリニックを選びましょう。この傷痕が目立ってしまうと性交渉した時にパートナーの女性に嫌がられることも多いです。

 

 コムロ美容外科総院長、小室好一先生は、亀頭直下ぎりぎりの所をVの字に切る“亀頭直下ダブルVカット法”を開発し、“傷跡を残さない”、“痛くない”、“腫れない”を実現させませた。これらは、包茎手術における代表的な3つの問題点です。

 

 そもそも包茎とは、亀頭(陰茎先端の膨大部分)が陰茎部を包む皮膚(包皮)に覆われている状態のことをいいます。包茎の人は、「包皮に毛が巻き込まれる」「尿の切れが悪い」「すぐに悪臭がする」という問題点を抱えています。

 

 さらに悪いことに、包茎は、パートナーとの性交渉したときに大きな問題が発生します。まず一つ目は、女性に子宮頸がんを発症させてしまうリスクです。包茎の人は、亀頭直下に子宮頸がんの原因ウイルスであるヒトパピローマウイルス(通称:HPV)を繁殖させているので、性交渉のとき、女性に感染させてしまう恐れがあるからです。2つ目は悪臭の問題です。亀頭が包皮に覆われていますので、内側に尿が溜まりいつも湿っている状態になります。すると、細菌が繁殖して悪臭を発生させます。厄介なことに、この臭いは自分では気づくことは、ほとんどありません。性交渉のとき、女性がこの臭いを嗅いでしまって不快な思いをさせてしまうのです。3つ目は、早漏の問題です。包茎の男性は、早漏傾向が強く、“セックス”するたびに女性に強く不満を抱かせてしまうのです。

 

 手術を検討されている方は、ぜひ下の広告を見てみることをおススメします。

ライブチャット動画